ボイスターとは

ボイスターは、あなたの声でつくる、あなた専用の読み上げソフトです。

ちまたには安くて便利な読み上げソフトがあふれています。しかし、これらはどれもあなた声とは異なります。

ボイスターは、あなたの声を録音してつくるので、ひとりひとり違った「自分の声」の読み上げソフトができあがります。

現在、ロボットなど、声の出る製品向けのソフトウェア「ロボボイス(仮称)」を開発中です。ワールドビジネスサテライトで取り上げられました。詳しくはこちら

声を失う前に

ボイスターのお客様は、喉頭摘出や気管切開などの手術で声を失ってしまう方が中心です。

≫ 詳細を見る

声を失ったあとも、これまでと変わらない声で会話をしたい。ご本人様だけでなく、ご家族ご友人の強い気持ちがあったから購入に至ったというお話もうかがっております。

ボイスターの声

ボイスターは、声色だけでなく、抑揚や語尾のくせといった口調も再現します。

録音した声(大阪の40歳男性)
ボイスターの声

それでも、「おはよう」「ありがとう」などの気持ちを込めたフレーズは、できるだけ肉声を使いたいものです。ボイスターでは、このようなフレーズをあらかじめ録音しておき、肉声と合成音を組み合わせて使うことができます。

ボイスターの声(「お疲れ様」は肉声を利用)

≫ ほかの音声サンプルを聞く

ユーザー様のご紹介

会社経営 恩田 聖敬さん

恩田監督

 恩田さんは、FC岐阜社長就任中にALSと診断を受け、将来に備えて声を収録、ボイスターを作成されました。

 現在は自ら立ち上げた株式会社まんまる笑店の社長として、またALSの当事者として、様々な分野にわたる講演活動を行われています。

 発声の明瞭性が下がってきた現在も、ボイスターを活用した「自分の声」による講演を精力的に行われています。

ALSの正体 恩田聖敬

ラジオパーソナリティ 米沢 和也さん

米沢さん

 米沢さんは、ALSと診断された後、三角山放送局でラジオ番組「ALSのたわごと」のパーソナリティとして活躍されています。

 現在は気管切開をされて声を出せなくなりましたが、ボイスターと視線入力装置を組み合わせて、パーソナリティの仕事を継続しています。

三角山放送局「声を失ってもラジオを続けたい~ALS患者のパーソナリティ米沢和也さんの挑戦~」

大阪芸術大学 牧 泉教授

牧教授

 牧教授は、下咽頭がんの治療のため、喉頭摘出を余儀なくされました。

 声が出せない状況では教壇に復帰できないと落胆していたところ、ボイスターで声を残せることを知り、術前にボイスターをつくることにしました。

 手術後、ボイスターを使って教壇復帰され、週2回の講義を継続されました。コミュニケーションも円滑で、学生からの評価も大変高いものでした。

価格

フル版


最高の肉声感を引き出すために
  • 約1,000文の読み上げ原稿
  • 約400文のフレーズ

950,000円(+税)

ライトプラス版


日常生活で利用したい方へ
  • 約400文の読み上げ原稿
  • 約100文のフレーズ

480,000円(+税)

ライト版


2時間ですばやく収録

※収録には条件があります。詳しくはこちら

360,000円(+税)

読み上げ原稿は、ボイスターの合成音声をつくるのに利用します。読み上げ原稿の数が多いほど高品質な合成音ができあがります。

フレーズは、肉声で「おはよう」「ありがとう」といった言葉を読み上げるのに利用します。

Q&A

どうやって録音するのですか

弊社専任スタッフがご自宅にうかがい、収録します。原稿や録音の準備はすべてスタッフが行います。

どこで録音するのですか

ご自宅や病室など、お客様がリラックスできる環境で録音します。周囲の騒音など、録音に支障のない環境かをお申し込みの際にご確認させていただきます。

発音に難がありますが、つくれますか

もちろんつくることは可能です。ただし録音した音声に不明瞭な部分があると、ボイスターで作った声にも不明瞭さが反映されてしまうことをご了承ください。ALSなど音声障害が進行する場合は、なるべく早い時期につくられることをおすすめします。

お問い合わせ

ボイスターの詳細についてはこちら

ご質問やご相談、資料請求はこちら